タクシー

定額サービスが人気! マイスター資格を活かして観光案内 

 私が運転するのは、鳥取市のキャラクター「すご!ウサギ」がデザインされたピンクのタクシー。数あるタクシーのなかでも3台しかなく、乗られるお客さまに喜んでいただいています。

 観光客の方に人気が高いのは、お一人様2,000円で3時間、市内の観光地を巡るサービス。海外のお客さまにも多くご利用いただき、多くは鳥取市国際観光客サポートセンターを通して申し込まれます。必ず要望があるのは鳥取砂丘。砂の美術館、浦富海岸、白兎神社など、時間内に可能なかぎり多くの場所を巡ります。私は3年ほど前に「鳥取観光マイスター」の資格を取得しました。鳥取の名所や歴史をよりお楽しみいただけるよう、心を尽くしてご案内します。

翻訳機と指さし会話シートを使って観光案内    

  アジア圏を中心に、インドネシアやアメリカ、ロシアなどさまざまな国のお客さまをご案内してきました。ここ数年は、若い女性の1人旅が増えているように感じます。

 翻訳機を使い始めたのは1年半ほど前から。運転席の近くと後部座席の2ヶ所に端末を設置して連動させています。乗られた海外のお客さまは大抵使用されます。それまでは「指さし会話シート」などを使って簡単な意思疎通をしていましたが、シートにないことはお互いに伝えるのが難しい。若い方は英語を話されるので私も応じますが、聞き取りがなかなか…。翻訳機がありがたいことが多々あります。指さしシートと翻訳機を併用しながら、お話しを伺ったり観光地の説明をしたりしています。私が知っているお客さまの国の歌を歌ったりして、打ち解けて和やかな旅を楽しんでいただけるよう努めています。

翻訳機で生まれる交流。なるべく多くのコミュニケーションを 

 以前、ハワイから来られた日系2世の老夫婦がお乗りになったことがあります。そのときは、端末機を持ち出して砂丘会館のテラスでコーヒーを飲みながら、戦時中や昔の懐かしい話を聞きました。とても楽しいひとときでした。日本海沿岸を走りながら「太古の昔は日本海はなくて陸続きだったんですよ」なんて話をしたこともあります。そういうコミュニケーションが、これからも増えていくといいなと思います。

 それぞれのお客さまとは3時間という短い時間のおつきあいですが、翻訳機を駆使してなるべく鳥取のことや私の思いなどを伝えていきたい。翻訳機の言語の数や機能の向上にもますます期待しています。

  


サービスタクシー 山本茂夫さん

 

鳥取市栄町211-2

TEL 0857-22-2011

HP http://www.service-taxi.jp

FB https://www.facebook.com/Service.Taxi.Tottori/

TW https://twitter.com/taxi_tottori/